So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
商品紹介 ブログトップ
前の10件 | -

レアなヴィンテージなどなど。。。 [商品紹介]

mooooooooi!!

今日は本日web shopにアップしたての、ちょっとレアなヴィンテージ食器などをご紹介しますね。

まずはフィンランドARABIA社のTelma(1960-1966年)のコーヒーカップ&ソーサー。
R0014231のコピー.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=458

フォルムデザインはUlla Procope、デコレートはEsteri Tomulaによるこのシリーズ、何年もフィンランドに通って初めて見つけました。繊細な線で描かれているのは北欧の植物でしょうか。。。
デコレーターのEsteri Tomuraは同じ様な植物をKesaという別のシリーズでも描いているので、彼女のお気に入りのモティーフだったのかもしれません。


続いては同じくARABIA社、Esteri TomulaデザインのFloraシリーズ(1979-81年)です。
R0014312_edited-1.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=466
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=465

今回はコーヒーカップ&ソーサーとティーカップ&ソーサーが手に入りました。
大小のカップには野の花が大胆にデザインされています。
このシリーズは日本でも人気がありますが、北欧と日本、自然を愛するという共通点を感じます。。。

さてさて、お次はステンシルシリーズ。
R0014202のコピー.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=462
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=461
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=460
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=459

これもARABIA社で1960-70年代に作られたものですが、シリーズ名どおり切り抜いた型の上からペイントされ作られているんですよ。
子どものころ絵の具で湿らせた布でトントンと叩いて模様をつけて遊んだのを思い出します。。。
輪郭がどことなくふんわりしているのがこのシリーズの特徴。
カラフルだけれど優しい色合いとかわいいパターンなので、つい集めたくなってしまいます。

他にもGustavsberg社のBERSAのポット(http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=464)やARABIA社のPomonaのストロベリーマグ(http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=456)など、手に入りにくい商品もアップしていますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp


marimekko(マリメッコ)のウニッコ [商品紹介]

mooooooooi!!

秋真っ只中だというのに、昨日も今日も夏日の松本。
さすがに半袖に逆戻りしてみました。

さてさて今日はmarimekko(マリメッコ)のUnikko(ウニッコ)について。
日本でマリメッコといえば何よりもこのウニッコが有名ですよね。
"けしの花"をデザインしたこのウニッコ、マリメッコをご存じなくても「あ、この柄なら見たことある!」という方もいらっしゃるかと。。。
R0014026_subL.jpg
ウニッコはなんと、、、今から50年前の1964年にデザインされたんですよ。
デザインしたのはマリメッコのデザイナーの第一人者でもあるMaija Isola(マイヤ・イソラ)です。
R0014025_subL.jpg
当時マリメッコの創始者であるアルミ・ラティアは「ファブリックには決して、バラやその他の花をプリントしてはならない。花はそのままで十分美しく、装飾モチーフとしての花は同等の価値を持ち得ないから」と言っていたそうですが、決まりや制限を嫌うマイヤは花をデザイン。
できあがったものを見たアルミはウニッコも含めたくさんのデザインを購入、ウニッコとその他(バラなど)の花のモチーフがマリメッコで使われるようになったのはこの時が初めてだったそうです。

そんな歴史をもつウニッコのマグカップと折りたたみ傘が入荷しました。
マグは3色(各¥2,310)です。
R0014020_subL.jpg
折りたたみ傘は2色(¥5,775)です。
R0014023_subL.jpg

ウニッコは50年前から色・大きさ・パターンなど何度となくリプロダクトされて現在に至っています。
フィンランドのマリメッコで愛され続けているウニッコ柄、フィンランドの街を歩くとカーテンに使われていたりします。
明るいウニッコ柄のカーテンの向こうの居心地のよい部屋でフィンランドの人々がゆったり時間を過ごしているんだろうなぁ、、、、と想像すると、寒い冬の町歩きをしていても心なしか暖かい気分になります。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

ペッパルカーカ [商品紹介]

mooooooooi!!

最近はfacebookを続けてアップしていたのでblogだけのみなさんはお久しぶりです。
よろしければfacebook(http://www.facebook.com/kirsikka.jp)も覗いてみて下さいね。

今日ご紹介するペッパルカーカ。
さてさて何でしょう。。。
北欧の冬、特にクリスマスには外せないアイテムです。
答えはこれ!
R0013901 のコピー_subL.jpg

「ペッパル」はスパイスのこと、ジンジャーやカルダモン、そしてシナモンなどをブレンドしたこのサクサク薄いビスケットがペッパルカーカの正体です。
北欧では冬になるといろんなお店に山盛りに置かれているんですよ。

Kirsikkaで取り扱っているANNASのビスケットは全部で4種、王道のジンジャーに加え、カプチーノ・オレンジ・アーモンドです。
スウェーデン ストックホルムで1929年に始まり今でも王室御用達のこのブランド、現在も昔ながらの製法が受け継がれています。
薄くて軽いこのビスケット、つい何枚でも食べちゃいます。
そのままでももちろん美味しいんですが、アイスをのせて食べるのもオススメです。
箱には”SWEDEN'S MOST LOVED PEPPARKAKA!”と書かれ、王室御用達マークも入っています。
R0013907_subL.jpg

R0013902_subL.jpg

「ペッパルカーカを食べると親切になる」という言い伝えがあるようです。
伝統的なペッパルカーカの形にハート形があるからだとか。。。
またペッパルカーカでクリスマスの飾りを作ったりもするそうです。
ペッパルカーカ立体的な家をつくる風習もあって、クリスマス近くになると家を作るキットも売られていたりするんですよ。
デコレートされたペッパルカーカの家は、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたい。。。

今年の冬はペッパルカーカで北欧気分を味わってみるのはいかがでしょう?
一箱¥315です。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

Zoo in Kirsikka [商品紹介]

mooooooooi!!

三連休のなか日、もしや台風か、、、と思いきや松本は午前中にはすっきり晴れわたり、ちょっと得した気分でした。
明日はどうなんでしょう。。。

今日ご紹介するのはKirsikkaの動物たち。
フィンランドのARABIA社では食器だけでなく、たくさんの動物たちが作られているんですよ。

まずはこのペンギン。
R0013457.JPG
WWF(世界自然保護基金)のために製作されたもので、スウェーデンのデザイナーLillemor Mannerhein-Klingsporによる1980年代前半のもの。
キョトンとした目の表情がなんともかわいいです。
裏にはWWFのパンダマークとデザイナーのサインが入っています。
R0013459.JPG

続いては。。。
R0013456.JPG
こちらもWWFとコラボで、Lillemor Mannerhein-Klingsporのデザインです。
眉毛のあるまあるい顔と首の付け根のぽっちゃりおにくのシワシワ感、この愛嬌についつい笑ってしまいます。

最後はポーラベア。
R0013455.JPG
口には赤いカーネーションのようなカワイイお花をくわえたこの北極熊、足の裏には”POLAR EXPRESS”というマークが入っています。
特急なのか企業の名前なのか資料がないので詳細がわからないのですが、赤い花を口にしてニコニコしているようにも見えるこのクマ、今にもおしゃべりをし始めそうです。

Kirsikkaの小さな動物園、見に来てみて下さいね。
R0013454.JPG

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp





1950年代のガラス [商品紹介]

mooooooooi!!

今日は1950年代のグラスをご紹介します。
Kirsikka(キルシッカ)では店舗オープン記念として”カイ・フランク×...展”を行っていますが、このワイングラスもカイ・フランクがデザインしたもの。
まずはこちらを。。。
image.jpg
下半分に映っているのはグラスの影、本当にキレイでしょ。
この時代のグラスはマウスブロー(手吹き)で作られているため、とても薄くて、発色がとてもいいんです。
手に取ってみると思ったより軽くて驚かれる方もいます。
そして光を通すとこんなにもそれぞれの色をそのままに、美しい影絵のように映し出してくれます。

そしてこんな様々な色の中でも特に貴重なのは赤。
image.jpg
こちらはショットグラスですが、ガラスを赤くしている色の元は金なんです。
なので、同じフォルムのものでも赤いもののお値段がちょっと高め。
金は今も昔も高価なんですね。。。

50年代のガラス器は色も形も様々、是非見に来てみてくださいね。

それでは今日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp



白樺の小物いれ [商品紹介]

mooooooooi!!

店舗オープンまであと21日。
来週はお休みの方も多いと思いますが、今年は夏休みなしで準備します~。
みなさんも夏バテご注意下さいね。

今日ご紹介するのは白樺の小物入れ。
フィンランドのmajamoo(マヤムー)のAstiaというシリーズです。
このフォルムはmajamooのデザイナー、ヤニ・マルティカイネンが1998年にアルヴァ・アアルト生誕100周年のコンペで入賞したポットスタンドと同じなんですが、白樺のプライウッドをつなぎ目なく整形してあって、曲線がとてもキレイです。
image.jpg
小物を入れるのはもちろん、スイーツを置いてティータイムに使ったり、小鉢に入れたおつまみなどを置いて晩酌タイムに使ったりしてもオシャレ。
Web shopにもアップしてあるので見てみて下さいね。
https://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=325

ところで、このデザインから何か連想された方もいらっしゃるでしょうか…
フィンランドの有名な建築家、アルヴァ・アアルトのベース「波」を彷彿とさせませんか?
image.jpg
水と森を愛して止まないフィンランド人ならではのデザインですね。
置いておくだけて絵になるこの花瓶ですが、たまにはお店でお花を差してみようと思っています。

それでは今日もステキな1日を…

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 8/30@松本
(松本市中央1-8-3 ふじやビル2F)
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp


ヴィンテージのプレートで美味しいケーキ [商品紹介]

mooooooooi!!

今日は松本市にあるMASTER KEYというケーキ屋さんに行って来ました。
オーナーの堀内ご夫妻は帝国ホテルご出身、今年の4月にMASTER KEYをオープンされたそうです。

今日のチョイスはこちら。
image.jpg
トロリとした舌触りのいいホワイトチョコのドーム型のケーキの中には、ピスタチオのスポンジとラズベリーのムースが入っています。
せっかくなので、このケーキに合うプレートで。
想像以上にカワイイです!
このプレート、ARABIA社のRoksana(ロクサーナ)というシリーズのケーキプレートで、1965-1970年に作られたものです。
かわいい小花とドットに縁取られたこのプレート、ピンクの他にグリーンとベージュもありますよ。
Web shopにもアップしてあるので、チェックしてみて下さいね。
https://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=283

もうひとつはイチジクのタルト。
image.jpg
ザックリとしたタルト生地に旬のイチジクが贅沢にのっています。
このケーキをのせたシックなプレートは、先ほどのロクサーナと同じくARABIA社で1960-1975年に作られたLutukka(ルトゥッカ)です。
ARABIAでは珍しくブラック一色でデコレートされたこのシリーズ、ナズナをデザインしたものです。
このプレート、気になった方はここからチェックしてみて下さい。
https://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=300

ちなみに今日8/1から8/29まで、KirsikkaのWeb shopでは送料無料キャンペーンをしていますので是非ほかの商品も見て下さいね。

見た目も味も大満足なMASTER KEYさんはこちらです。
★長野県松本市出川1-12-10 1F
★0263-75-2134

それでは今日もステキな1日を…

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 8/30@松本
(松本市中央1-8-3 ふじやビル2F)
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

かわいいプレート [商品紹介]

mooooooooi!!

毎日暑い日が続いていますね。
ここ数日は店舗用の展示テーブルを塗っているので、このお天気でしっかり乾いていい調子です。

さてさて、今日は暑い夏にも負けないくらい鮮やかな赤でデコレートされたARABIAのヴィンテージプレートのご紹介です。
まずはこちら。
R0012859_L.jpg
エスメラルダというこのシリーズ、エメラルドをデザインしているそう。
輝きが踊って光が弾けているようなデザインです。
エメラルドといえばもちろんグリーンですが、このシリーズ、エメラルドのような濃いグリーンはなく、レッド・ダークブルー・ライトグリーンなどのカラー展開です。
1970年代前半にデザインされたそう。
コーヒーカップソーサーもありますよ。

そしてもう一つはこちら。
R0012813_L.jpg
ポモナというシリーズで、いろんなフルーツがデザインされています。
ボールやジャムポットやカッティングボードなどいろいろあるんですが、今回はストロベリーのプレートです。
1965-1971年にフィンランドで作られたものですが、ぐるりとプレートを囲んでいるイチゴ柄、何だかちょっと懐かしい気分になりませんか?

他にもいろいろweb shopにアップしているので見てみて下さいね。

それでは明日もステキな1日を…

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 8/30@松本
(松本市中央1-8-3 ふじやビル2F)
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp





Timbreいかがでしょう [商品紹介]

mooooooi!!

暑い暑い…連日こんなに暑いとグッタリしちゃいます。
そんな夏の風物詩の1つに風鈴がありますが、風鈴の音色はちょっとだけ涼やかな気分にさせてくれますよね。

今日ご紹介するのは、音つながりでこちら。
image.jpg
Timbre(ティンブレ)というブランドのドアチャイムです。
このシリーズ、その名もTama。
丸くてかわいいアルミの鋳物のカバーの中に、またもやコロンとした木が入っています。
ドアを開け閉めする度に"カランコロン"と高めの優しい音色がするんですよ。
5色展開で、これまた迷っちゃいます…
image.jpg
Made in Japanなのですが、あまりにも惹かれてしまったのと、メーカーの方によると北欧をイメージして作られたデザインだそうなので、Kirsikkaでも取り扱うことにしました。
マグネット(もしくは両面テープ)で簡単に取り付けられますよ。
ぜひWeb shop(https://www.kirsikka.jp/products/list.php?category_id=23)をチェックしてみて下さい!!

デザイナーは小林幹也さん。
ドアチャイムのコンセプトは"ドアを開けるその人が外の世界とお家の境界で、音によって気持ちを切り替えられる"だそうです。
音に耳を傾けて情緒を感じる、そんな毎日を過ごせるといい音に耳を傾けて情緒を感じる、そんな毎日を過ごせるとステキですね。
これからもどんなステキな物が出てくるのか楽しみです。

最後にお知らせ。
Kirsikkaのfacebook始めました。
Check it out!!

それでは今日もステキな1日を…

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 今秋@松本
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp





カウニステ入りました [商品紹介]

mooooooooi!!

朝からドーっとバケツをひっくり返したような雨降りで始まった今日。
少しだけ空が明るくなって来たけれどまだまだ強い風、これから晴れるのかな…

さてさて、今日は持っているだけで明るく楽しい気分にさせてくれるカウニステ(kauniste)が入荷したのでご紹介しますね。
カウニステは2008年の夏、フィンランドのヘルシンキ市内のVallila地区に集まった若手クリエーターによって創設されたテキスタイルのデザインスタジオ。
デザインから素材や製法、さらには店舗のデザインまで自分たちで管理しているこだわりのブランドです。
カウニステの理念は1960-70年代に作られたフィンランドのリネンのように長持ちし、愛され続ける製品をつくることだそうです。
実際、フィンランドに行くと50-60年前のリネンのクロスがとてもいい状態のまま残っていたりするんですよ。

そんなカウニステからまずはこちら…
image.jpg
トートバッグです。
これは粒砂糖をデザインしたものなんですが、本当にカワイイです。
ブルー系のものもありますよ。

お次はクッションカバー。
image.jpg
こちらのデザインのタイトルはSunnuntai(日曜日)。
前回の買い付けに行った時ヘルシンキで偶然お友達になったMattiのデザインで、個人的にカウニステの中でも特にお気に入りです。
冬の長い北欧では春になると一斉に人々が森に出掛けます。
ランチボックスを持って一日中くつろいだり、馬で優雅にお散歩したり…
そんなお休みの日の森をデザインしたのかな、と思っています。

最後はクラスプポーチ。
image.jpg
こちらのデザインはmuilla maillaといって、"夢の国"とか"幻想の国"だそう。
色合い、デザインともに何ともいえないキュートなシリーズです。

他にもキッチンタオルやトレーなどいろいろあるので、カウニステが気になった方はゼヒこちらをチェックしてみてください!!
https://www.kirsikka.jp/products/list.php?category_id=36

それでは今日もステキな1日を…

☆Web shop:https://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン:今秋@松本
前の10件 | - 商品紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。