So-net無料ブログ作成

marimekko(マリメッコ)のウニッコ [商品紹介]

mooooooooi!!

秋真っ只中だというのに、昨日も今日も夏日の松本。
さすがに半袖に逆戻りしてみました。

さてさて今日はmarimekko(マリメッコ)のUnikko(ウニッコ)について。
日本でマリメッコといえば何よりもこのウニッコが有名ですよね。
"けしの花"をデザインしたこのウニッコ、マリメッコをご存じなくても「あ、この柄なら見たことある!」という方もいらっしゃるかと。。。
R0014026_subL.jpg
ウニッコはなんと、、、今から50年前の1964年にデザインされたんですよ。
デザインしたのはマリメッコのデザイナーの第一人者でもあるMaija Isola(マイヤ・イソラ)です。
R0014025_subL.jpg
当時マリメッコの創始者であるアルミ・ラティアは「ファブリックには決して、バラやその他の花をプリントしてはならない。花はそのままで十分美しく、装飾モチーフとしての花は同等の価値を持ち得ないから」と言っていたそうですが、決まりや制限を嫌うマイヤは花をデザイン。
できあがったものを見たアルミはウニッコも含めたくさんのデザインを購入、ウニッコとその他(バラなど)の花のモチーフがマリメッコで使われるようになったのはこの時が初めてだったそうです。

そんな歴史をもつウニッコのマグカップと折りたたみ傘が入荷しました。
マグは3色(各¥2,310)です。
R0014020_subL.jpg
折りたたみ傘は2色(¥5,775)です。
R0014023_subL.jpg

ウニッコは50年前から色・大きさ・パターンなど何度となくリプロダクトされて現在に至っています。
フィンランドのマリメッコで愛され続けているウニッコ柄、フィンランドの街を歩くとカーテンに使われていたりします。
明るいウニッコ柄のカーテンの向こうの居心地のよい部屋でフィンランドの人々がゆったり時間を過ごしているんだろうなぁ、、、、と想像すると、寒い冬の町歩きをしていても心なしか暖かい気分になります。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。