So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

もうすぐ1周年です [お知らせ]

北欧ヴィンテージ食器デザイン雑貨 Kirsikka(キルシッカ)です。

しばらくBlogをお休みしていましたが、今後はFacebookとの切り分け運用をするのを止めてFacebookのみにしようと思います。
Facebookでは雑貨のご紹介やヴィンテージ食器の解説、そして北欧の旅話など。。。内容はBlogと変わらない感じです。
ほぼ毎日アップしておりますので、是非こちらを覗いてみて下さいね。
https://www.facebook.com/kirsikka.jp
店舗用のFacebookなので、Facebookのアカウントをお持ちでない方も見られますよ。

またネットショップもありますので、北欧アイテムを探している方はぜひチェックして見て下さいね。
Kirsikkaは2014年8月30日でオープン1周年を迎えます。
記念イベントやセールも行いますのでお楽しみに!!
http://www.kirsikka.jp" target="_blank">http://www.kirsikka.jp

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

レアなヴィンテージなどなど。。。 [商品紹介]

mooooooooi!!

今日は本日web shopにアップしたての、ちょっとレアなヴィンテージ食器などをご紹介しますね。

まずはフィンランドARABIA社のTelma(1960-1966年)のコーヒーカップ&ソーサー。
R0014231のコピー.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=458

フォルムデザインはUlla Procope、デコレートはEsteri Tomulaによるこのシリーズ、何年もフィンランドに通って初めて見つけました。繊細な線で描かれているのは北欧の植物でしょうか。。。
デコレーターのEsteri Tomuraは同じ様な植物をKesaという別のシリーズでも描いているので、彼女のお気に入りのモティーフだったのかもしれません。


続いては同じくARABIA社、Esteri TomulaデザインのFloraシリーズ(1979-81年)です。
R0014312_edited-1.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=466
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=465

今回はコーヒーカップ&ソーサーとティーカップ&ソーサーが手に入りました。
大小のカップには野の花が大胆にデザインされています。
このシリーズは日本でも人気がありますが、北欧と日本、自然を愛するという共通点を感じます。。。

さてさて、お次はステンシルシリーズ。
R0014202のコピー.jpg
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=462
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=461
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=460
http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=459

これもARABIA社で1960-70年代に作られたものですが、シリーズ名どおり切り抜いた型の上からペイントされ作られているんですよ。
子どものころ絵の具で湿らせた布でトントンと叩いて模様をつけて遊んだのを思い出します。。。
輪郭がどことなくふんわりしているのがこのシリーズの特徴。
カラフルだけれど優しい色合いとかわいいパターンなので、つい集めたくなってしまいます。

他にもGustavsberg社のBERSAのポット(http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=464)やARABIA社のPomonaのストロベリーマグ(http://www.kirsikka.jp/products/detail.php?product_id=456)など、手に入りにくい商品もアップしていますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp


marimekko(マリメッコ)のウニッコ [商品紹介]

mooooooooi!!

秋真っ只中だというのに、昨日も今日も夏日の松本。
さすがに半袖に逆戻りしてみました。

さてさて今日はmarimekko(マリメッコ)のUnikko(ウニッコ)について。
日本でマリメッコといえば何よりもこのウニッコが有名ですよね。
"けしの花"をデザインしたこのウニッコ、マリメッコをご存じなくても「あ、この柄なら見たことある!」という方もいらっしゃるかと。。。
R0014026_subL.jpg
ウニッコはなんと、、、今から50年前の1964年にデザインされたんですよ。
デザインしたのはマリメッコのデザイナーの第一人者でもあるMaija Isola(マイヤ・イソラ)です。
R0014025_subL.jpg
当時マリメッコの創始者であるアルミ・ラティアは「ファブリックには決して、バラやその他の花をプリントしてはならない。花はそのままで十分美しく、装飾モチーフとしての花は同等の価値を持ち得ないから」と言っていたそうですが、決まりや制限を嫌うマイヤは花をデザイン。
できあがったものを見たアルミはウニッコも含めたくさんのデザインを購入、ウニッコとその他(バラなど)の花のモチーフがマリメッコで使われるようになったのはこの時が初めてだったそうです。

そんな歴史をもつウニッコのマグカップ折りたたみ傘が入荷しました。
マグは3色(各¥2,310)です。
R0014020_subL.jpg
折りたたみ傘は2色(¥5,775)です。
R0014023_subL.jpg

ウニッコは50年前から色・大きさ・パターンなど何度となくリプロダクトされて現在に至っています。
フィンランドのマリメッコで愛され続けているウニッコ柄、フィンランドの街を歩くとカーテンに使われていたりします。
明るいウニッコ柄のカーテンの向こうの居心地のよい部屋でフィンランドの人々がゆったり時間を過ごしているんだろうなぁ、、、、と想像すると、寒い冬の町歩きをしていても心なしか暖かい気分になります。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

ペッパルカーカ [商品紹介]

mooooooooi!!

最近はfacebookを続けてアップしていたのでblogだけのみなさんはお久しぶりです。
よろしければfacebook(http://www.facebook.com/kirsikka.jp)も覗いてみて下さいね。

今日ご紹介するペッパルカーカ。
さてさて何でしょう。。。
北欧の冬、特にクリスマスには外せないアイテムです。
答えはこれ!
R0013901 のコピー_subL.jpg

「ペッパル」はスパイスのこと、ジンジャーやカルダモン、そしてシナモンなどをブレンドしたこのサクサク薄いビスケットがペッパルカーカの正体です。
北欧では冬になるといろんなお店に山盛りに置かれているんですよ。

Kirsikkaで取り扱っているANNASのビスケットは全部で4種、王道のジンジャーに加え、カプチーノ・オレンジ・アーモンドです。
スウェーデン ストックホルムで1929年に始まり今でも王室御用達のこのブランド、現在も昔ながらの製法が受け継がれています。
薄くて軽いこのビスケット、つい何枚でも食べちゃいます。
そのままでももちろん美味しいんですが、アイスをのせて食べるのもオススメです。
箱には”SWEDEN'S MOST LOVED PEPPARKAKA!”と書かれ、王室御用達マークも入っています。
R0013907_subL.jpg

R0013902_subL.jpg

「ペッパルカーカを食べると親切になる」という言い伝えがあるようです。
伝統的なペッパルカーカの形にハート形があるからだとか。。。
またペッパルカーカでクリスマスの飾りを作ったりもするそうです。
ペッパルカーカ立体的な家をつくる風習もあって、クリスマス近くになると家を作るキットも売られていたりするんですよ。
デコレートされたペッパルカーカの家は、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたい。。。

今年の冬はペッパルカーカで北欧気分を味わってみるのはいかがでしょう?
一箱¥315です。

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

Kirsikkaの什器たち1⃣ [その他いろいろ]

mooooooooi!!

三連休最終日。
今回の三連休は先週とうって変わって行楽日和で何よりでした。
今日は最終日で街中は少し人もまばらな感じです。
Kirsikkaものんびりと営業しております。

Kirsikkaの雰囲気、そして食器や雑貨を引き立てるのに重要な役目を果たしてくれているヴィンテージ家具や什器たち。
商品はもとより多くの方にKirsikkaのヴィンテージ家具や什器についても興味を持って頂いているので、これから数回に分けて家具や什器たちご紹介していきたいと思います。

今回は自作の什器について。
お店のオープンにあたり商品の陳列台をいろいろ探したのですが、既製品ではイメージにあったものが見つからず、この際自分たちで作ってしまおう!と決意。
いろいろ考えるなかでシンプルな鉄脚テーブルにする事を決定し、まずは自分たちでタモ板をローズウッドのオイルステインで色づけし、天板として用意しました。
(ちなみに床も同じローズウッドのオイルステインで自分たちで塗りました!)

そしてその天板に合う鉄脚を作って頂ける職人さんをひたすらネットで探しまくり、たどり着いたのが静岡の『scrap』さんでした。
scrapの宮崎さんとラフなスケッチからやり取りを始め、我々の希望である「鉄脚だけどゴツくないスマートデザイン」を見事実現して頂きました。
トートバック・キッチンタオルディスプレー用のハンガーも『scrap』さん作です。

Kirsikka_4.JPG

Kirsikka_3.JPG

Kirsikka_1.JPG

お店の雰囲気にマッチしてKirsikkaの雰囲気を醸成してくれています。
また、結果として既製品よりはるかにコストダウン!
デザイン、コストともに大満足しています。

ご家庭用のダイニングテーブルなどもお好みのサイズ・デザインで作って頂けるので、気になる方はぜひ『scrap』さんに相談してみて下さいね。

scrap
HP http://www.scrap-design.jp/
maii miyazaki-e@yr.tnc.ne.jp

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp

Zoo in Kirsikka [商品紹介]

mooooooooi!!

三連休のなか日、もしや台風か、、、と思いきや松本は午前中にはすっきり晴れわたり、ちょっと得した気分でした。
明日はどうなんでしょう。。。

今日ご紹介するのはKirsikkaの動物たち。
フィンランドのARABIA社では食器だけでなく、たくさんの動物たちが作られているんですよ。

まずはこのペンギン
R0013457.JPG
WWF(世界自然保護基金)のために製作されたもので、スウェーデンデザイナーLillemor Mannerhein-Klingsporによる1980年代前半のもの。
キョトンとした目の表情がなんともかわいいです。
裏にはWWFのパンダマークとデザイナーのサインが入っています。
R0013459.JPG

続いては。。。
R0013456.JPG
こちらもWWFとコラボで、Lillemor Mannerhein-Klingsporのデザインです。
眉毛のあるまあるい顔と首の付け根のぽっちゃりおにくのシワシワ感、この愛嬌についつい笑ってしまいます。

最後はポーラベア。
R0013455.JPG
口には赤いカーネーションのようなカワイイお花をくわえたこの北極熊、足の裏には”POLAR EXPRESS”というマークが入っています。
特急なのか企業の名前なのか資料がないので詳細がわからないのですが、赤い花を口にしてニコニコしているようにも見えるこのクマ、今にもおしゃべりをし始めそうです。

Kirsikkaの小さな動物園、見に来てみて下さいね。
R0013454.JPG

それでは明日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp





1950年代のガラス [商品紹介]

mooooooooi!!

今日は1950年代のグラスをご紹介します。
Kirsikka(キルシッカ)では店舗オープン記念として”カイ・フランク×...展”を行っていますが、このワイングラスもカイ・フランクがデザインしたもの。
まずはこちらを。。。
image.jpg
下半分に映っているのはグラスの影、本当にキレイでしょ。
この時代のグラスはマウスブロー(手吹き)で作られているため、とても薄くて、発色がとてもいいんです。
手に取ってみると思ったより軽くて驚かれる方もいます。
そして光を通すとこんなにもそれぞれの色をそのままに、美しい影絵のように映し出してくれます。

そしてこんな様々な色の中でも特に貴重なのは赤。
image.jpg
こちらはショットグラスですが、ガラスを赤くしている色の元は金なんです。
なので、同じフォルムのものでも赤いもののお値段がちょっと高め。
金は今も昔も高価なんですね。。。

50年代のガラス器は色も形も様々、是非見に来てみてくださいね。

それでは今日もステキな1日を。。。

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp



kirsikka(キルシッカ)オープンノベルティ [お知らせ]

mooooooooi!!

暑かった夏もそろそろ終わりなのか、陽射しが秋めいて来ましたね。。。
もう少ししたら紅葉の中に埋もれに行きたいな。

8/30にオープンしたkirsikka(キルシッカ)の実店舗、今日で4日目です。
やっとペースが掴めて来ました。
明日9/5は水曜なのでkirsikka初の定休日、ここ1ヶ月ほど休みなしだったので、久しぶりにゆっくりしてみようかと思います。

さてさてfacebookでは店舗の内装の進み具合などアップして来ましたが、完成形はこんな感じ。
スノーホワイトで塗った天井と3面の壁、入り口を入って正面の壁はkirsikkaのテーマカラーにしてみました。
素人ながら頑張った結果、なかなか満足のいく仕上がりになりました。
image.jpg
エッグとスワンチェアを置いて少しだけゆったりした空間にできたので、北欧やヴィンテージのお話し、それ以外のゆるりとしたおしゃべりなどなど、皆さんとくつろいでお話しできる居心地のスペースになれるといいなぁ。。。と思っています。
何か気になる物を見つけた方、おしゃべりしたい方はゼヒ話しかけて下さいね。

そしてkirsikkaではオープンノベルティとしてこんな↓↓トートをデザインしてみました。
エコバック.jpg
¥3,000以上お買い上げの方、先着100名様にプレゼント中です。
ウェブショップでも同時にプレゼント中なのでお店に来られない方もwebからどうぞ。。。

それでは今日もステキな1日を...

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shop: 松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp


Kirsikka(キルシッカ)オープニングレセプションのお知らせ [お知らせ]

お盆を過ぎたのにまだまだ暑いですね…

8/30(金)は北欧ヴィンテージ食器デザイン雑貨 Kirsikka(キルシッカ)のオープンです!!
なんとなんと後9日後です。
ヘトヘトになりつつ、自分たちの手で10日間休みなく作業した内装工事も今日で終わったので、これから一週間は店内のレイアウトや商品陳列など開店準備のラストスパート。

さてさて、今日はオープニングレセプションのお知らせです☆
開店にあたってお世話になったみなさん、開店を楽しみに待っていて下さったみなさんにささやかではありますが感謝を込めて。。。

*日時:8/30(金) 19:30-最長21:00
*場所:Kirsikka
松本市中央1-8-3 ふじやビル2F
*参加費:フリー

飲み物&"cucinaにし村"さんのオードブルでおもてなし致します。
一品持ち寄り歓迎、基本なくて大歓迎です♪
お友達とお誘い合わせのうえ是非、Kirsikkaのオープンを一緒にお祝いして下さい!!
行けるよ〜、という方は(shop@kirsikka.jp)までご一報頂けると嬉しいです。

ではでは8/30にKirsikkaでお待ちしています☆
ちなみにKirsikkaの営業時間は11:00-19:00、8/30オープンです。

このガラスオブジェ、オープニング企画 の『Kaj Franck ×...展』で展示予定です!
R0013212.png

それでは今日もステキな1日を…


☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 8/30@松本
(松本市中央1-8-3 ふじやビル2F)
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp







Kirsikka(キルシッカ)店舗の吊り下げ家具 [お知らせ]

mooooooooi!!

今日は店舗の電気工事や天井のボード貼りの工事が終わって、1日早く引き渡し。
明日からの予定でしたが、せっかく早く引き渡して頂けたので、養生とパテ埋め前の網テープ貼りをして来ました。

さてさて、今回Kirsikka(キルシッカ)の店舗ではちょっと贅沢して、家具を一つだけ作ってもらいました。
北欧ではよくあるタイプなんですが、置き家具ではなく吊り下げ家具です。
image.jpg

斜めから見るとこんな感じです。
ステキでしょ。
image.jpg

お気に入りのカイ・クリスチャンセンのウォールシェルフイメージして作って頂きました。
私たちのいろんなリクエストを試行錯誤して実現してくれたのは松本市のイグレックさん。
細部に至るまで大満足です。
一度取り外して、後ろの壁は白く塗る予定です。
店舗は8/30にオープンしますが、オープン企画の"Kaj Franck×…展"にもこのシェルフを使おうと思っていますので、是非ご注目下さい!!

それでは明日かもステキな1日を…

☆Web shop: http://www.kirsikka.jp/
☆Real shopオープン: 8/30@松本
(松本市中央1-8-3 ふじやビル2F)
☆Facebook: http://www.facebook.com/kirsikka.jp
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。